Copyright ©西村クリニック. All Rights Reserved.

下部内視鏡検査のご案内

大腸カメラを行う目的

下部内視鏡検査(大腸カメラ)は大腸ポリープ(がんになる前の初期段階)、大腸がん、炎症などの有無を調べるために行う検査です。検査方法は内視鏡で大腸全体を観察し、必要に応じポリープ切除をしたり、組織の一部を採取します。大腸を調べるにあたって最も確実な結果が得られる検査です。

大腸カメラ(下部内視鏡検査)で出来ること

大腸がんは自覚症状のない早期に発見することが大切です。便通異常や血便のような症状が現れたときには、すでにがんが大きく成長し、手遅れになることがあります。
がん危険年齢の40歳を過ぎたら、症状がなくても大腸がん検診を受けましょう。

大腸検査には便検査、X線検査、内視鏡検査などの方法がありますが、当院では一度で精密な検査が出来、その場で病変の手術ができる下部内視鏡検査(大腸カメラ)をおすすめしております。

検査は肛門から内視鏡(大腸スコープ)を挿入して、曲がりくねった腸管の内側を直接観察していきます。

定期的に検診を受けている方は病変が初期のうちに見つかり「当日切除で完治」になりますが、初めて検査を受けられる方は、大きな病変が見つかる傾向があります。下部内視鏡(大腸カメラ)検査はそれ程苦しいものではなく、施行者のやり方次第です。院長の私も自ら内視鏡検査をして実際の苦しさを体感し、検査方法を工夫・改善しております。


 

もし病変が見つかれば、良性の病変とがんを区別するため一部をとって顕微鏡で調べる検査(生検)を行います。早期がんでしたら内視鏡で発見と同時に切除すればほぼ100%治すことができます

両方とも大腸カメラで検査中に手術が可能です。右図のようなわかりにくい&切除しにくい病変も高画質モニターと専門医の経験で発見かつ手術が可能です。【手術の仕方は写真をクリックするかこちらをクリック】

​【平坦な病変】

​【しっかりした茎をもつ病変】

検査の流れ・注意事項
検査前日
お食事について
​午後9時頃
検査当日

※体調のすぐれない方は、検査前に外来にて医師と相談して下さい。検査直前に気分が悪くなった方は医師または看護師までお申し出下さい。

血液をさらさらにするお薬(ワーファリンやパナルジンなど)を内服されている方は、必ず医師に申し出て下さい。
心臓病・高血圧・緑内障・前立腺肥大などある方は申し出て下さい。
その他大きな病気にかかったことがある方も申し出て下さい。

組織検査をする場合は、休薬の必要があります。予め主治医とご相談下さい。
来院にあたってご自身での車の運転は絶対に避け、公共交通機関または家族の送迎で来院して下さい。
なお、検査後1時間以上の安静が必要となりますので、 時間に余裕を持ってお越し下さい。

予約の患者様は、検査受付にて診察券をお出し下さい。
また、初診の方や月初めの受診の際には保険証も一緒にお出しください。

こちらの前処置室で検査服に着替えます。
腸内洗浄液(マグコロール)を1.8リットルを2時間かけてゆっくりと飲用していただきます。数回(6~7回)の排便で無色、または淡黄色の水様便になります。

点滴ルートの確保や鎮静剤の注射、腸の動きを止める薬の注射を行います。

内視鏡を肛門から挿入しモニターに映る大腸をすみずみまで観察します。
検査中に必要であると判断した場合には良性・悪性などを診断するための病理検査の目的で、粘膜組織の一部を採取する検査(生検)を行います。

検査時間は患者さんにより異なりますが、数十分で終了します。

鎮静剤を使用した場合は、リカバリー室にて安静にしていただきます。

鎮静剤の注射がきれるまで1時間程度続くため、ベットでお休みいただきます。その後、検査結果の説明を行わせていただきます。
帰宅してからは普段の生活をしていただいてかまいません。

生検(粘膜組織をとる検査)をされた方
(1)刺激物やアルコールは避け、消化のよい食事をとって下さい。
(2)お風呂には入れますが、あついお湯や長時間の入浴は避けて下さい。
(3)検査当日の激しい運動は避けて下さい。
 なお、検査が終了したあとで気分が悪い時や変調のある場合には、看護師まで

 お伝えください。
※組織検査を行った場合は通常、検査結果が出るまでに1~2週間かかります