Copyright ©西村クリニック. All Rights Reserved.

内視鏡検査について

当院では患者さんが痛くない・つらくない・苦しくないに重点をおき眠ったまま「つらくない」検査法を行っています。

近年、胃がんの発生にかかわる重要な要素として、胃へのピロリ菌の感染が注目されてきています。
胃の中に住むピロリ菌は、胃炎や胃潰瘍、さらに胃がんになるリスクを高めます。
しかし、抗生物質と胃酸を抑制する薬を組み合わせて内服することで、大部分の患者は除去することが可能です。
また、ピロリ菌の有無を調べる方法も数種類あり、胃内視鏡の際に一緒に調べることもできます。
以前から胃や十二指腸に潰瘍がある、慢性の胃炎がある、もしくは最近胃のあたりがすっきりしないといった方には、胃の内視鏡検査をお勧めします。

​上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

このようなケース

  • 胸やけ・胃痛・胃もたれ・食欲不振のある方

  • のどの違和感・咳などの症状があり呼吸器内科や耳鼻咽喉科の診断で異常のない方

  • 貧血の進行や体重減少が急激に進んでいる方

  • 検診や人間ドック(胃透視など)で異常を指摘された方

  • そのほかでも、上腹部に気になる症状がある方

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

このようなケース

  • 健康診断の便潜血反応が陽性だった

  • 便秘と下痢を繰り返す

  • 大腸がんが心配である

  • 大腸がんの手術をしたことがある

  • 血便が出る

  • 大腸ポリープを切除したことがある

  • 便が以前に比べて細くなった

事前に当院へお電話またはメールにてお申込み下さい。

​お申し込みはこちら